為末大と1千万円

為末大と1千万円
400メートル障害の為末 大選手が東京ストリート陸上?題して1000万のクイズの賞金でイベントをやりました。

身近に陸上競技を感じて欲しいと。あれだけ過酷な練習をして、人生をかけているのに、アマチュアなのでお金がありません。

プロ野球選手など何億というお金が入るのに契約時保留にしますが、それぞれ立場、考えが違うので、なんともいえませんが、為末 大選手は今度の大阪の世界選手権で観客動員が上手くいくかどうかが、これからの陸上界がもりあがるかどうか?の分岐点だと言ってました。

そのためには少しでも身近に思ってくれて、盛り上げようとい彼の気持ちが1賞金の1000万の自腹を出さしたのです。

1000万は大金です。でも何億稼ぐトッププロの野球選手や起業家たちにとっては大した額ではないかも知れません。

でもこれは為末 大にとっては生きたお金です。大本当にした野郎です。世界陸上は日本人選手が世界に通用する人もいます。

頑張って欲しいです。まず選手自信のために、次に陸上界のために、次に日本のために。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。