陸上画像 ユニフォーム

陸上画像に関する競技時のユニフォームについてです。

競技時の服装は濡れても透けないもの。
前と後ろにゼッケンをつける。
普通、数字で1桁から4桁。ロードレースでは5桁も。
小規模の開催では選手側が用意する。
ある程度の大会(予選会や標準記録があり参加者が限られるもの)では開催名やスポンサー名の入ったゼッケンが配られる。
最近は競技会、種目によって(セパレートレーンの短距離走やフィールド種目などで)はゼッケンをつけないことがある。
トラック競技は写真判定の為にレーンナンバーを示す腰ゼッケンをつける。(リレー種目はアンカーのみのことが多い。)
ちなみに、最近の腰ゼッケンは直ぐに取り外しできるよう(レーンが決まるのはレース直前であるから)シール状になっていることが多い。このシールは特にスパッツの生地には全く馴染まないため競技開始直後に剥がれることが多く、オリンピックや世界選手権の決勝レースにおいてもスタートと同時に選手が白いゼッケンを「落とす」光景が見られる。

以上が陸上に関するユニフォームの規則です。

陸上画像でお薦めしたいアスリートは1995年「ミス世界選手権」に選ばれた,ウクライナの女子走り幅跳びの選手で,「Viktoria Vershnina(ヴィクトリア・ヴェルシニーナ)」と言う選手がいます。
1995年ユニバーシアード福岡大会に来日して優勝していたと思います。

陸上画像でお薦めしたいアスリートの中で日本人では池田久美子さん。走り幅跳びの実力者でルックスも美人です。よくわかりませんが、世界記録に近い位置にいるとか、未踏の7mに挑戦しているようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。